So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

梅雨どきは・・・ [ひとりごと]

脳の話しをひと休み。

今年の梅雨はカラ梅雨かと思いきや、
7月は雨が続くらしい。

最近の天気はなかなか例年通りとはいかないようで、
予報もよくかわるようです。

そろそろねむの木の花が咲き始め、紫陽花は満開。
いつも咲く花に季節を教えてもらいます。
花たちは少々の天候不順にもめげず、
季節がくればそれぞれの花を咲かせます。

日照りや大雪や大雨や・・・
自然はきびしいものですが、花たちはその時々に逆らわず
枯れてしまったり、流されてしまったりしますが、
次の季節がくるとまた、新芽をだしてきたりします。
「強いな~」と感嘆することもしばしば・・・

こんな風に大きな流れに逆らわず、淡々と生きていけたら
どんなにいいだろう
こんな風にしっかりと大地に根をはり、枝葉は枯れても
また再生できたらどんなにいいだろう。

どんな風に生きていきたいのか?
どこを自分のエンドゴールとするのか?
いつも考えていないとどこへ流れ着くかわからない人生になってしまいます。
心の真ん中に(自分の目的地)を持っていたいですね。

          2014-07-07 001 2014-07-07 003.JPG
          



posted by asty at nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

脳の話④

脳の力ってやっぱりスゴイ


脳の右側の出血があれば左側にマヒが出ます。
左側なら右側です。
そして、出血が多かったりすると、「高次脳機能障害」という障害がでることも
多いのだそうです。

高次脳機能障害はどんなものなのか?
記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害、失行、失語、失認、などの
いろいろな障害があり、人によってさまざまだともいわれています。

注意障害のなかには半側空間無視というものがあり、
マヒがあるほうが意識の中でないものになってしまうのです。
見えていても、意識されなくなるのです。

例えば左にマヒがあると、左側があると認識されないのです。
これにより、左側にものがあっても 人がいても
よけることなくつきすすんでしまう、ということがおきます。
なので、リハビリでは(左があるよ)ということを意識するように
常に声かけをしていきます。

これは私達が新しいことを始めたり、長年の習慣を変えようとする時と
同じではないかと思います。
新しい習慣として定着するまで(潜在意識に入るまで)
意識的に繰り返すのです。

普段、なにげなく行っている行動のひとつひとつが
繰り返すことで無意識にできるようになったものなのです。
こうして一度 潜在意識の中に入ったものが
なにも考えずに習慣として行えるようになったものなのです。

        熊本港 2010-09-23 002.JPG






posted by asty at nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
前の2件 | -