So-net無料ブログ作成

脳の話 最終話 [ひとりごと]

脳の力ってやっぱりスゴイ

高次脳機能障害は身体の回復よりもゆっくりと回復していきます。
月単位ではなく、年単位の回復になるそうです。

注意力を増すために、ひとつひとつ無意識下にあるものを
意識下にもってくる。
その為に注意を促すことを繰り返していきます。
そうして薄紙をはがすように、少しずつ少しずつ
周囲のこと、自分のことに気が付くようになっていくのです。

私達の脳は自分が見たいものだけを見て、聞きたいものだけを聞きます。
つまり、自分が興味のないことは目の前にあっても見ないのです。
逆に興味のある事は雑踏の中でも聞こえてくるのです。

ですので、興味を持つためには意識すること、
これを出来るようになりたい、という目標を意識すること。
そこがなによりも大事になるのです。

こうして、病気のおかげで、改めて
「脳」の存在を身近に感じることができました。

「考えるより先に動け」はないのです。
きっと、考えてばかりいないで、なにかひとつでもいいから
実行に移せ、という事なのだと思います。

まず、意識をすること。
その為に 「目標」 というものが必要になるのです。
目標なんてないよ、という方もいらっしゃいますが、それはあり得ないのです。
私達の行動はすべて、脳で意識しないと動かないのです。
それなら、やりたいこと、こうなればいいな、ということを
イメージするところからすべてが始まるのです。
自分の人生、どうしたいのか意識して、自分の中の「内なる声」を
聞いてみるのも大切なことですね。

         2014-06-30 001 2014-06-30 001.JPG
posted by asty at nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。