So-net無料ブログ作成

終る夏休み [ひとりごと]

夏休みはもう終わったところもあり、9月1日から・・というところもあり・・。
いずれにせよ長かった休みが終わり2学期が始まります。
ネットやニュースで取り上げられた子どもの自殺が
8月31日、9月1日、2日の3日間がダントツで多いとの事。
鎌倉の図書館からの
「死にたくなるくらい学校に行きたくないなら図書館へおいで・・」
の投稿に賛否両論あるようですが、
「死にたい」と思うほど嫌な学校・・・

現実に中学生の自殺がニュースで報道されていました。
休み明けは誰しも 行きたくない と思うものですが、
それとは違う深刻さで子ども達を追い込むもの、って何だろう?

いじめや学力不信、学校になじめない、行かなければと思うけれど行けない・・
学校に行けない子たちの為のフリースクールが必要とされている。
学校には行けないけれど、フリースクールには行ける。
それはなぜだろう?

原因はひとりひとり違うから、大まかにくくってしまうことはできない。

死にたい、と思う若い命に 図書館を逃げ場にしてもいいよと
伝えたかったという司書の方の言葉は
実際に行けなくても、居場所はあるよ と囁く。

受け入れてくれる場所があるだけで人は頑張れる。
見守っていてくれる人がいるだけで勇気が出る。
人はひとりで生きてる訳じゃない、
誰かに支えられて、誰かに背中を押してもらって、
みんな「お互い様」で生きていることを
私達大人はもっと子ども達にはなさなければいけないのだろう。
百点で生きてるひとなんていない、
みんな同じなんだよ、辛い、苦しい、悲しい・・
だけど、生きていく内には同じくらい嬉しい、楽しい、満たされる・・
こともたくさんあるのだと。
ひとりぼっちだと思うとき、思い切って言葉に出すことも必要なんだと。

まず、大人が意識を変えなければ子ども達は変わらない。
戦火をくぐりぬけ、病に負けず、いろんな試練をくぐりぬけてきた
人たちが繋いでくれた大切な命なのだと伝えていきたいと思います。

          アゲハとオニユリ.JPG




posted by asty at nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)